焼香のマナー 作法の違い

焼香は仏教の宗派によっていろいろな作法があるのですが、焼香自体のスタイルにも違いがあるようです。

立礼・座礼・回し

焼香のスタイルというと、葬儀会場の前に焼香が準備されている机が用意されていて、そこへ一人ずつ立ちながら焼香を行う、というイメージがあります。これは東京や埼玉など葬儀を行う場所によっても多少の違いがあるようです。みなさんはどういうイメージがありますか?

葬儀で行われる焼香には立礼焼香、座礼焼香、回し焼香の3種類のスタイルが用いられています。私のイメージしている焼香のスタイルは立という漢字があるので立礼焼香のようですね。また、葬儀ではどのスタイルでも、一番近しい人から順に焼香するようです。では、それぞれの焼香のスタイルを一つずつ見ていきましょう。

立礼焼香

焼香のスタイルの一つである立礼焼香は、会場が椅子が用意されている葬式でよく行われる焼香のスタイルです。

立礼焼香では、自分の順番がきたら周囲の人へ軽く会釈をして焼香台へいき、その少し手前まで来たところで僧侶、遺族の方へ順に一礼します。焼香台の前では遺影へ一礼し、一歩前へ進んで合掌します。

合掌したら左手はそのまま合掌の位置のままにして、右手で香をつまんで必要なら額へ押し戴いて香炉へ落とします。回数も必要回数があるならそれに従い、前の人の回数に合わせるのもいいでしょう。もしわからなければ1回で構わないようです。

焼香が済むと遺影へ合掌して、一礼します。前を向いたまま3歩くらい下がり、僧侶、遺族の方へ一礼して自分の席へ戻ります。

宗派によって焼香の作法は違いますが、立礼焼香の基本的な流れはこのようになっているようです。

座礼焼香

焼香のスタイルの一つである立礼焼香は、座敷の席でよく用いられている焼香のスタイルのようです。

自分の順番がきたら、腰をかがめるように中腰になって焼香台に向かいます。喪主の近くへ来ると正座して、喪主へ一礼します。その姿勢でひざで焼香台まで近づき正座をして合掌します。

立礼焼香と同じように左手は合掌したまま動かさずに、右手で香をつまんで必要なら額へ押し戴いて香炉へぱらぱらと落としていきます。焼香が済むと合掌して、喪主へ一礼し、立ち上がって自分の席へ戻りましょう。

宗派によって焼香の作法は違いますが、立礼焼香の基本的な流れはこのようになっているようです。

回し焼香

焼香のスタイルの一つである回し焼香は、葬式の式場が狭い場所でよく用いられている焼香のスタイルとなっています。

自分の位置に座ったまま香炉を順番に回していきながら行う焼香です。

まず、焼香の香炉が自分に回ってきたら、受け取るときに会釈をして受け取ります。膝の前に置くか、その場所が無い場合や椅子などの場合は自分の膝の上に香炉を置いて焼香を行います。