焼香のマナー 宗派の違い

焼香の作法はどういうものでしょうか?

イメージとしては細かい香を少しつまんで香炉の上にぱらぱらふりかけるように行うものと思いますが、実際にはどういう作法があるのか調べてみました。

宗派の種類

焼香の作法は仏教の「宗派」によって違いがあるようでうす。仏教の中には、

  • 真言宗
  • 浄土宗
  • 曹洞宗
  • 浄土真宗本願寺派
  • 天台宗
  • 真言宗
  • 日蓮宗

など、このほかにもたくさんの宗派が存在しているようです。また、全ての宗派で共通していることとして、右手の親指と人差し指、中指で香をつまんで行い、左手は数珠を掛けておきます。それぞれの宗派で焼香の作法が異なっているので少しだけ紹介してみましょう。

真言宗の焼香

まず、真言宗の焼香の作法は抹香での焼香を3回行い、線香でも3本を立てて、計6回の焼香を行うようです。これは結構時間のかかる焼香の作法ですね。

この3回ということにも意味があるようで、自分の身と口、そして意の3つを清めるためということのようです。清めるとありますが、焼香は自分の身を清めてキレイな状態でお参りをするという意味があります。真言宗ではこの3つを清めてお参りをするという作法になっているようですね。

そして焼香ではつまんだ香を自分の額の方に持ってきて香炉へ落とすという作法もあるようですが、真言宗ではこの額へ持ってくる作法はしないようです。この作法を「おし戴く」というようです。宗派によってはおし戴く作法もあるみたいです。

曹洞宗の焼香

曹洞宗の焼香はどんな作法でしょうか?

曹洞宗では抹香の焼香を2回行って、線香の焼香も1回行います。そして、曹洞宗ではおし戴いて行う作法になっています。まず、抹香の焼香の1回目に香をつまんで額へ押し戴いて香炉へ落とし、2回目は押し戴かずにそのままつまんで香炉へ落とします。次に線香を1本上げるという作法になっています。

1回目だけおし戴くというのが忘れやすそうなので注意しておきたいところですね。

このほかにも作法はいろいろとあるようですが、特に決まっていないという宗派もあるようです。